勧誘の断り方を知っておく


勧誘の断り方を知っておけば脱毛サロンも怖くない

~ 勧誘は減っているけれど心構えはあったほうがいい ~

最近はひどい勧誘を行うサロンがめっきり減りました。

ネットで『勧誘がひどい!』と口コミ情報が流れてしまうと、利用者が減ってしまい、逆に経営できなくなってしまいかねませんからね。

一応勧誘の断り方を知っておけば安心

しかし、昔のように契約しないと帰れないなんてしつこい勧誘はないにしても、『○○も一緒に脱毛してみてはいかがですか?』や『今なら△△も安く脱毛できますよ~』なんて営業トークはあります。

勧誘時に気をつけたい断り方や注意点を知っておくと安心です。

●断りつつも、一言添えるのが一番

断るならはっきり断るのが一番です。

でないと通う度にまた勧誘され、通うのがストレスになってしまうこともあります。

もちろん、はっきり断ると気まずいですが、それでも施術の手を抜くようなことはないので安心してください。

そんなことをしてしまうと、口コミなどで広がり経営が続けられなくなってしまいますからね。

ただし、断って終わりではなく『お願いする時はここって決めていますから、その時はお願いしますね』などと、一言添えておくのがおすすめです。

ギクシャクしたまま通うのが嫌になるのも困るので、気をつけましょうね。

●他のサロンと掛け持ちしていると断りやすい

他のサロンと掛け持ちすることで断りやすくなることもあります。

勧誘されても『○○へも通っているので~』なんて言ってかわすこともできます。

●ローンを組まないなら主婦になりきろう

ローンを組まないのでしたら、最初のカウンセリングの時の職業を主婦にしておくのがおすすめです。

そうすれば、勧誘された場合も『主人に聞かないと決められないので』や『主人に相談したらダメって言われました~』なんてさらりと断りやすくなります。

もちろん、本当に安くてお得でおすすめしてくれているものもあります。

どちらにしても、即決で考えずに、一度よく考えて、ご自身がしっかり納得した上で契約するようにしましょう。

『ポテトはいかがですか?』と言われて食べたくない時は『いいです』と断るのと同じように考えれば、サロンの勧誘も怖くないはずですよ。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック