脱毛ができない部分


脱毛できない部分もあるの?

~ 脱毛方法によって違いがあります ~

小倉で人気のサロンのほとんどでは全身脱毛コースなどが用意されています。

しかし、全身脱毛と言っても、全身全てのムダ毛を脱毛することはできません。

サロンで脱毛できない部分とは?

●目の周辺

顔全体の脱毛はできても目の周辺は施術範囲外というサロンがほとんどになります。

目の周りは肌も薄くなっており、万が一のミスも許されない所ですからね。

●鼻・デリケートゾーンなどの粘膜部分

V・I・Oライン脱毛やハイジニーナ脱毛などありますが、粘膜部分への施術はできません。

また、鼻の中の粘膜も同じく施術できません。

粘膜部分は肌が敏感で、ちょっとした刺激でトラブルが起こりやすくなってしまいます。

安全第一を考えてこれらの部分の脱毛はできないことを知っておきましょう。

フラッシュ脱毛はさらに脱毛できない部分が・・・

サロンの中でもフラッシュ脱毛の場合、他にも脱毛できない部分が増えてしまいます。

●ほくろ・シミ・あざ

●タトゥー

●乳輪

●白髪

ほくろやタトゥー、乳輪部分のように肌の色が通常と変わってしまう部分はフラッシュ脱毛では施術することができません。

フラッシュ脱毛のしくみは、濃い色に反応する光を当てることで、ムダ毛にだけダメージを与えることができます。

しかし、肌の色が濃くなってしまうと、肌にもダメージを与えてしまい、火傷を起こしてしまうこともあるんです。

また、白髪は毛が白くなる為、ダメージを与えられず、脱毛することができません。

ニードル脱毛+フラッシュ脱毛で完璧脱毛に

ニードル脱毛は肌やムダ毛の色にかかわらず脱毛することが可能ですよ。

小倉で人気ランキング第2位のTBCはフラッシュ脱毛だけでなくニードル脱毛も取り扱っています。

おすすめはフラッシュ脱毛とニードル脱毛を併用することです

フラッシュ脱毛で全体を脱毛し、施術できなかったニードル脱毛を利用するのが1番ですよ。

ほくろ・シミ・あざが多い人、タトゥーで脱毛を断られた人、乳輪のムダ毛に悩んでいる人も完璧に脱毛できおすすめですよ。

2つのサロンを使い分けたり、TBCのように2種類の脱毛方法があれば、1つのサロンに通うだけで済むので便利ですよ。

まずは、フラッシュ脱毛を先に選び全宅的にムダ毛を減らしていくといいですね。

施術できない箇所は保護テープなどを使って脱毛していくので、ご安心ください。

せっかく脱毛するなら、もう自己処理の手間がないように、少しでもムダ毛を残さないで済むようにしていきましょうね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック