薬服用中 脱毛


薬を服用中でも脱毛可能?

~ まずはかかりつけの医師に相談を ~

服用している薬によってはフラッシュ脱毛できない場合もあります。

これは、薬の副作用により火傷・湿疹・炎症・シミなどが出てしまう場合があるからなんですよ。

服用していると脱毛できない薬を挙げてみましょう。

・抗癌剤

・血糖下降薬

・抗生物質(テトラサイクリン系など)

・向精神病薬(フェノチアジン系など)

・解熱鎮痛剤(ケトプロフェン・ピロキシカム・アンビロキシカムなど)

飲み薬以外にも皮膚科でもらう外用薬の中にも、使用していることで脱毛できない場合があります。

とにかく薬を服用したり、使用している場合は、まずはかかりつけの医師にサロンにて脱毛してもいいかどうか確認してみましょう。

市販薬の中にも脱毛時に悪影響を与えてしまう成分が入っているものもあります。

服用する場合は、事前にサロンに相談するか、脱毛日を延期するかしっかり検討しましょう。

薬の服用中は脱毛できない厳しい所もある

薬の種類を問わす、服用中は施術不可というサロンもあります。

薬を服用中ということは、体調が万全とはいえませんからね。

万全でない中脱毛することで、肌トラブルが起こったり、効果が弱まってしまっては通うだけ損してしまいます。

そうならない為にも、脱毛期間中は、体調をしっかり整えるように気をつけましょうね。

服用している薬があるにも関わらず申告せずに脱毛することだけはやめましょうね。

カウンセリングなら無料で相談できるので利用してみましょう。

予防接種も脱毛前後に受けないように

予防接種を受けることにより、体調を崩してしまうこともありえることから、脱毛施術前後10日間は避けるようにしましょう。

安全第一を考え、無理して脱毛しないようにしましょうね。

小倉で人気の高いサロンでは、相談窓口があり、電話はもちろん、ネットからでも簡単に問い合わせることができるんですよ。

カウンセリングに行ったが、脱毛できなかった・・・とならないように、事前に問い合わせておくのがおすすめですよ。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック