妊娠中は脱毛が受けられない?

妊娠中は脱毛が受けられない?その間のムダ毛の自己処理は?

~ 妊娠中に脱毛はどうしたらいい? ~

脱毛を受けたいと思っている女性の中には、近々妊娠を希望している人もいるでしょうね。

しかし、満足のいく状態になるまで施術を受ける場合は、数年間に渡ってエステサロンに通うこともあるため、妊娠した場合はどうなるのか不安に思うかもしれません。

実際のところ、妊娠した場合は脱毛が受けられなくなるエステサロンが多いんですよ。

では、その理由と妊娠中のムダ毛処理方法について詳しく紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

《妊娠発覚した時点で脱毛は休止するのがベスト》

できれば出産ギリギリまで脱毛を受けたい人もいるでしょうが、最も良いのは妊娠が発覚した時点で休止することですね。

フラッシュ脱毛は特殊な光をお肌に照射しますが、光が母体や胎児に悪影響を与えるわけではありませんので、その点は安心して下さい。

ただ、100%影響が無いとは言い切れませんので、エステサロンでは万が一のことを考えて、施術不可としている場合が多いのです。

また、痛みが陣痛を誘発する可能性も考えられますので、痛みが強いニードル脱毛の場合は特に注意が必要ですね。

誰でも痛みを感じることはストレスに影響しますので、妊娠中は避けた方が安心です。

初期の頃は妊娠に気づかずに脱毛を受けてしまう可能性もありますが、今まで脱毛が胎児に影響を及ぼしたとの報告はありませんので、不安に思う必要はありませんよ。

発覚した時点で構いませんので、エステサロンに連絡して、一旦お手入れを休止しましょう。

《妊娠中にオススメのムダ毛処理方法》

脱毛を受けた回数が少ない状態で妊娠した場合は、時間が経つとムダ毛が生えてくるでしょうね。

その時の自己処理はどうすれば良いかというと、電気シェーバーを使用するのがオススメです。

本当は自己処理を避けるのがベストですが、気になるムダ毛を放置するのは避けたいですよね?

電気シェーバーは自己処理方法の中でお肌への負担が最も軽くて済みますので、エステサロンに通えない間に使用して下さい。

お肌を傷つける可能性が高い毛抜きやカミソリを使用して、万が一色素沈着などの肌トラブルが起きた場合は、脱毛が再開できなくなるかもしれませんよ!

出産を終えてから再び脱毛に通えるように、お肌をキレイに保つ努力をすることは大切ですね。

妊娠中はお肌に必要な栄養素が優先的に胎児に届くため、乾燥などの肌トラブルも起きやすいのです。

トラブルを避けるためにも、自己処理後は保湿ケアを忘れずに実施しましょう!

出産・授乳を終えれば生理が再開するはずですから、生理周期が安定したらエステサロンにお手入れ再開の連絡をしてみましょうね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック