脱毛のリスク


脱毛には多少でもリスクがあることを知っておきましょう

~ 脱毛のリスクをしっかり理解することが大切 ~

脱毛に関心を持って色々と調べたり知識を吸収しようと思っている人は、ムダ毛の自己処理はやり方によってはとても危険を伴う事実について既に知っていることと思います。

そしてそんな知識を持った人は脱毛する為にエステサロンに通いたいと思うものですが、では、脱毛サロンに通えば考えられる弊害は全てなくなり、危険性を伴うことはないと断言できるのでしょうか。

残念ながらそうは言い切れないでしょう。

脱毛という行為をする以上、それが自己処理であろうが、そしてエステサロンによる脱毛だろうが、危険がゼロになることはないと認識した上でムダ毛の処理を行った方がいいと思います。

最初に1つ断っておきますが、エステサロンでの脱毛には必ず危険が伴うわけではありません。

むしろ自己処理と比べると危険性はかなり低くなり、エステサロンでの脱毛を受けてみた結果、全く弊害を感じなかったという人の方が多いくらいです。

しかし危険や弊害がゼロではない以上、「こういったケースも考えられる」と頭に入れておくことで、逆にその弊害を回避することができるとも思います。

サロンで使用されているのはフラッシュ脱毛であることが多く、これはレーザー脱毛と仕組み自体は変わらない脱毛方法となっています。

毛の根元は色素が濃くなっていますが、この色と結びつく光を利用して毛包と呼ばれる部分を凝固させるのがサロンでの脱毛方法です。

凝固した毛包からは簡単に毛が生えてくることはないのでムダ毛が減ったと実感できるわけですが、照射した光は熱エネルギーとなり、毛包の組織に刺激を与えます。

そしてこの毛包は毛穴の数あるわけですから、光を照射した範囲の中の毛穴の数だけ熱を持つことになりますよね。

そう考えるとかなり広い面積にエネルギーが伝わっていることになるので、肌全体に強い刺激を与えることに繋がります。

光の照射レベルを間違えたり過剰に照射することで熱傷と呼ばれる火傷の状態を引き起こすケースがありますが、これがサロンで脱毛する時に考えられる弊害なのです。

脱毛マシンを使用する限りは火傷の危険が伴うことは忘れないようにしましょう。

サロンでの危険は肌に関わることだけではないことにも注意が必要。

サロンを舞台にした詐欺行為や金銭トラブルがあると耳にしたことがある人も多いと思いますが、実際にこういったトラブルは大小合わせると非常に頻繁に起こっているという現実があります。

身の危険を感じる、というほどまで酷い事例は既に過去のものとなりつつありますが、勧誘に関しては今でも間違いなく行われているので、サロンでの脱毛にはそういったトラブルが付き物であることも自覚しておいてください。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック